RSS   |   Archives   |   

もぐらたたきのような日々

健康診断は終わった。
血圧は去年より少々低かったけど、やはり高いと言われて、日頃自分で測ってる数字を見せた。

しかし今回、新たに別の問題が・・・。
視力が低下したのだ。矯正視力はここ6~7年、ずっと両眼で1.5もあったのに、なんと今回は0.9。
これは大変だ。
健診結果をペーパーでもらってからでは遅い。
今週、眼科を予約した。
PCを長時間使ってる事務職の宿命かもしれないけど、1年前にスマホに替えたのもよくないのかもしれない。
Wi-Fi環境も整えたものだから、ついつい寝る前にエンドレスに使ってしまう。

さらに・・・だ。
右腕が先月から調子が悪くて、しっぷをはったりマッサージしたりしていたけど、どうもこれは腱鞘炎ではないだろうか。
こういう症状は初めてだ。
ひどい姿勢でPCを使ってるしなぁ。

椅子の高さを調整し、マウスはドラッグボール付のをさっき注文した。
PCの置き場所も変えなくてはダメかもしれない。
膝が痛くなった数年前に、床に座って使っていたPCを棚に載せたんだけど、今度は逆戻りかも。
PC内職もほんとはよくないんだろうね。
脳は活性化しても、目がつぶれてしまう。手も、肩もだ・・・。

いったい、もぐらは何匹いるのだろう。
オバサンになると、ほんと、いいことないなぁ。

スポンサーサイト

抗生物質が効いた

耳鼻科でもらった抗生物質をのみ切って、まる5日が過ぎた。
今のところ、元に戻ってしまう気配はなく、久しぶりに堅い物も食べた。
これで何日もつかわからないけど、とりあえず様子を見るしかなさそうだ。
食べられるうちに栄養をつけて、次回感染したときに少しでも抵抗力がついてるようにしようと思った。

来週には職場の健康診断があるので、また何か引っかかって要精検とか言われるといやだなあ。
でも、年齢が上がるほどその可能性は高くなるわけだし。
今回もまた、血圧のことを言われるのだろう。
測るとき、いつも口の悪い看護師さんがすぐそばでこっちをにらんでいるので、どうしても高くなる。
黙ってりゃいいのに、数字を見て必ず「高いね、あなた。なんとかしなさいよ」とくるのだ。
誰のせいで高くなるのかわかってんの?と言ってみたいものだ。


口内炎かと思ったら

違うんじゃね?って、ときどき掛かってる耳鼻科の先生に言われてしまった。
歯からきてるのかもね~って。
抗生物質を3日のんで、よくならなければ歯科へ行きなさいと言われて、がっかりだ。

金曜の昼からくすりを飲み始めた。
独特の副作用がある。
おなかがちょっと・・・。
きのうは早朝から深夜まで、遠方へ出かける用事があったので、これじゃまずいかなと思った。
でも、抗生物質って血中濃度が一定じゃないと効かないよね。
2~3度のんだのが無駄になるのはいやだと思ったから、薬持参で、出先でもきちんと時間をみてのんだわけ。

結果、少し腫れや痛みが治まってきた。
効いたってことは、やはり歯のせいか?
厳密にいえば、歯のずっと根っこの方なのだ。

う~ん。
今度は歯医者通いが始まるのだろうか。
しばらく定期的な受診はなくて、少しだけほっとしてたのにね。

いずれにしろ、いろんなことが一段落して、どっと疲れが出てる?のだろうか。
そんな感じもしないけど。
まだ難題がたくさん残っている。
疲れで抵抗力が落ちて、いままでなんともなかったところが菌に感染したとか、そういうことはありそうだ。
原因を自分で考えても仕方ないので、なるようにしかならないってことで流されてゆくしかないのかなぁ。

贈与契約の契約条項一部を変更することにした

先日、受贈者の方から送られてきた現金をどうすればいいのか、答えはやはりひとつしかないと思った。
お返ししたら、それこそ直接出向いてこられるかもしれない。
そんなさらなる負担を強いてはいけない。

こういうのも、司法書士に頼めばきちんとした書面を作ってくれるのかもしれない。
でも、それで司法書士報酬が新たに発生すると、その費用のことも受贈者の方は心配されるに違いない。

一番に頭に浮かんだのは、「覚書」というものだった。
しかしこれは、双方が署名捺印して取り交わすことになるものみたいだった。
念書というのも、ちょっと違う気がした。

そこで、タイトルは無しにして、こんなのを作った。

〇〇 〇〇様

物件:〇〇市××町〇番地の〇(持分3分の1)の贈与および所有権移転登記については、必要な費用を全額 私の負担とさせて頂くお約束で平成29年〇月〇日に贈与契約を締結させて頂きました。

しかし、平成29年〇月〇日、〇〇様のご厚意により、金◎萬圓也を拝受致しましたので、贈与および所有権移転登記費用の一部として充当させて頂き、贈与者である私と受贈者である〇〇様とで、費用を等分に負担することとなりましたことをここに改めてお伝えするため、本状を差し入れます。


平成29年〇月〇日

〇〇 〇〇   実印


司法書士からもらった領収書のコピーも同封し、お菓子のひとつでも送ろうかと思ったのだけど、それはやめることにした。
こちらから何か送ると、たぶんまた何かお心づかいをいただくことになる。

出来上がった書面を特定記録郵便で差し出して追跡番号をチェックしていたら、翌日の昼前には先方へ届いていた。
帰宅したら電話しなくてはと思っていたら、先方から電話をいただいた。
これで、納得していただけたようだった。
少し時間はかかったけど、受贈者の方が常識や誠意のある方で、幸いだったと思う。
後々もめるようなことも、まずないと思う。

ところで、2~3日前から口内炎ができてしまって、痛くて食事ができない。
しゃべるのもつらい。
考えあぐねて、「刻み食」にすることにした。
いろいろ頑張り過ぎたせい?でもないだろうけど、職場のボスが交代したので月末の処理に時間がかかってしまってることもあるかもしれない。
クセのあるボスが多いので、出した書類に何を言われるのだろうと思うと、書類作成に時間が何倍もかかってしまう。
くだらないことを突っ込んでくるボスもいるしね。

口内炎の塗り薬がきかないようなので、きのうチョコラBBを買いにいった。
そしたら、ジェネリックなのだろう、成分は全く同じで少しだけ安いのがあった。
鎮痛剤のアダムとイブではないけど、どちらにするか迷うくらい価格は似ていた。

安いものに弱いオバサンなので、当然のごとく安い方を買ってしまった。
これをのんで、中から治すしかない。
連休の間に食事の約束もあるのに、間に合うかどうかちょっと心配だ。
まあいい、いよいよのときは、キッチンばさみ持参だ。

勉強してきた

いくつになっても、勉強することは必要だ。
と、久しぶりに思った。

きょうは、相続とその関連事項の勉強ができるセミナーがあったので、電車に揺られて40分かけて出かけていった。
早朝に出発して、開場前にモーニングを食べた。
5時間もの間、ほとんと休憩なしで缶詰になってしまったけど、講師が1時間ごとに変わるせいか眠気に襲われることもなく、すべて聴講した。

来場者は私よりも世代が上の人がほとんどだったし、ほとんどが富裕層らしいので私は異分子ということだった。
なぜ少額の遺産相続でもめるのかとか、公証人を信用していいのかとか、遺言を書きましょうって話が何度か出てきた。
相続した家のことを解決する方法もたくさん提示された。

あとは、自分の気持ちひとつで解決に向かうということなんだろうね。
しかし、どんなことでもそうだけど知識があるのとないのとでは、全然展開が違ってくるであろうことを改めて痛感した。

やはり、これからも勉強しないとだめだ。
交通費が多少かかっても、また機会があれば勉強しにいこうと思う。
プロフィール

fortepianissimo

Author:fortepianissimo
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
これまでの訪問者