RSS   |   Archives   |   

歯の詰め物まで取れて

まったく、泣きっ面にハチってこのことだ。

ちょうど1週間前の日曜の夜、なんと奥歯の詰め物が取れてしまった。
風邪引きで咳が出るのに、歯医者さんへいくのはすぐには無理かなあと思いつつ、その夜はおとなしく寝た。

ところが・・・翌朝起きると、口の中は大変なことになっていた。
どうも、詰め物が取れた歯というのはほとんど削ってしまっていて跡形もほとんどなく、ただとんがった部分だけしか残ってないので、
舌の横をかなり傷つけてしまったようだった。
痛くて痛くて、飲むことも食べることも、うがいさえもほとんど不可能。
しゃべるのもむずかしく、ろれつが回らない酔っ払いのようだ。
でも、ボスの奴が水曜に私に年休をとらせることを決定していて、それまでに時間休暇をとるのも遠慮があった。
いくら組合に言われたからって、勝手に休みを入れられると本当に必要なときに休めなくなるのだ。

こんなことで遠慮したのが祟って、歯科へいく水曜にはほぼしゃべれなくなっていて、おまけに喉を見ると、内口蓋まで腫れあがっていて、まず耳鼻科へいくことにした。
ハシゴして歯科へもいったけど、どっちの痛みがメインなのかわかりにくい。
こんなのは初めてだ。

しかし、のまず食わずでは仕事もできないので、痛み止めのアダムをのんでみた。
少しだけ痛みが減った間に、牛乳をのんだ。
のみこむとき、ズッキ~ンと激痛がくるのだ。
噛むこともままならない。

寝るときも、気をつけないと右を向いてねたら舌が歯に当たるのだ。
今まで意識したことなかったけど、舌ってのは寝てる間はダラ~ンとして左右どちらかへくっついてるものなんだ。

しかし、生きるためにいろいろ学習して、顔を真横に向けたらわりと痛みが少なく呑み込めることに気づいた。
おかしな光景だけど、人に見せるわけじゃないからどうってことない。

来週はぶーちゃんとのぶーランチだし、それまでに何とかして良くなることをいのりたい。
官製ワーキングプア時代の新年会も計画してるそうだけど、いくらなんでもそれまでには元気になってるよなぁ・・・。
スポンサーサイト

風邪をひいた

婦人科でもらった当帰芍薬散をのんでいたころは、ほとんど風邪なんか引かなかった。
何年も・・・だ。
しかし、もうのむのを完全にやめてしまったせいか、簡単に風邪をひくようになったみたいだ。
職場では、現場の人の間で風邪がまん延していて、彼らが事務室へ頻繁に出入りしてゴホゴホいうものだから、心配だったのだ。
こっち向いてPC打つなよ!と言いたいのを我慢して、顔を横へ向けたりしてたけど、マスクを早く使うべきだった。

市販の風邪薬「イブ」をのんだ。
のむとのどの痛みはしばし治まるんだけど、血中濃度が上がると眠気も上昇して大変なのだ。
車通勤もちょっと心配。

てなわけで、おとといは休むことも考えたけど、自分に甘くするのが癖になりそうで、休めなかった。
特に急ぎの用事もない日だったけど、損な性格なのかもしれない。

きょうは、鼻に症状が移行しつつあるけど、ずっと寝てるほどひどくもないので、こうやってPCにむかってる。

そうそう、先週末は遺品整理2回目に出かけていった。
父の部屋には、仕事をしていたころの㊙と書かれた書類がまだたくさんあった。
これをすべて、製本してるものはばらしてシュレッダーで裁断するのか?と思っただけで、腰が抜けそうだ。
退職した段階で自分で処分してくれたらよかったのにって思ってしまったけど、もう遅い。

父が逝ってしまってから15年もの間、何も手をつけてなかった。
最初の数年間は、悲しくてとても遺品の処分などできなかったけど、母が逝ってしまったこともあり、まず父の遺品整理から始めることにした。
金杯や銀杯や古い切手、使ってない多くの万年筆等、誰もが遺してありそうなものも出てきた。
果たして、換金してどれだけになるのかわからないけど、とても不用品の処分費に充当できるほどにはならないだろう。
かといって、このまま持っていてもどうにもならない。

人生なんて短いものだから、ぐずぐずしてたら自分の番になる。
風邪なんか引いてる間もない。

サービスキャンペーン?

昔、車の不調で苦労したことがあった。
最終的に、メーカーの拠点が引き上げていって調べたところ、3つも欠陥部品が見つかった。
直ればいいってものではない。
それまでの時間的、精神的なロスが大きすぎる。
交差点で止まってしまって、事故のリスクもあったし。

サービスキャンペーンなんてのがあることを、最近になって初めて知った。
よく見ると、自分の車も該当してるし、最悪の場合は大変なことになるようだ。
つい先日、ディーラーへいったときはそんな話は全く出なかったところを見ると、彼らもメーカーからの連絡を受けても
聞き流してしまっているということなのだろう。

MADE IN JAPAN の信用もがた落ちだし、国交省やメーカーのHPに常に目を光らせていないと、あたりまえのように危険が降りかかってくるということなのだろうか(たぶん、目を光らせただけではダメだろうけど)。

メーカーの問い合わせ窓口に電話をかけてみたけど、社員でありながら車の構造や部品の名称は全くわからないようだった。

日本の自動車産業はかなり手厚く優遇されているように思うけど、こんなのでいいのだろうか。

〇〇募金会のバッジは廃止してほしい

毎年いまの時期になると、町内会と職場と両方を経由して〇〇募金会に寄付をすることになる。
どちらも強制なので、寄付という言葉は間違っているともいえる。

500円以上寄付をするとバッジをくれるということだが、職場で見ている限り、あのバッジを受け取る人はひとりもいない。
最後は、ごみ箱へ入れるわけにもいかず、ボスが返しにいった(かもしれない)。
お金の方は、わたしが振込にいくことになっている。

バッジを作るのに500円かかるということなのかどうか知らないけど、バッジを配るのはやめて、ひとりあたりの寄付額を少なくしてもらえないかと、いつも思う。

ついでに言うと、ずっと前に就いていたある仕事では、〇〇募金会の配分金を受け取る側だった。
しかし・・・もらったお金で印刷したパンフレットに大きな間違いが掲載されていて、その職場のボスの指示で、パンフレットは廃棄処分となった。
善意で寄せられた寄付金の配分金をもらっておいて、こんなことって許されるのだろうか。
本当は寄付金が誰かの役に立っているのだろうと思いたいけど、何ともよくわからない。

暑いのか寒いのか

まったく、暑かったり寒かったりで、調子狂いそうだ。
半袖で出勤したかと思えば、翌日は上着が要る・・。
上着とまでいかなくても、長袖が要る。

着たり脱いだりすぐにできるものの代表選手は、やはりカーディガンだろうか。
やたらと丈の長いものが流行っているようだけど、小柄な人が引きずるような感じで着てるのを見ると、
危なくないのかと心配する。
裾が何かに引っ掛かりそうだ。

セーターやカーディガンって、そこそこいいものを買っても毛玉だらけになることがある。
安物を買ったら、ほぼ確実にすぐに毛玉ができる。
だったら、後者を買って1シーズンかせいぜい2シーズンで棄てたらいいってことかもしれない。
ゴミが増えるのはよくないけど、高かったのに・・・なんて思いつつ袖を通さないものを残しておくよりはましかな。

ってことで、きょうは千円少々の安いカーディガンをスーパーで買ってきて、仕事着にすることにした。
安くても最初はきれいだなあって思う、いつも。
この値段なら、10回着たら一回100円少々ってことになる。
制服が至急されないってことは、結構自腹を切らないといけないということだ。
プロフィール

fortepianissimo

Author:fortepianissimo
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
これまでの訪問者