FC2ブログ
 
RSS   |   Archives   |   

経済情勢が心配で

米中関係やいろんなことが、不動産の売買にも影響しないわけがない。
国際問題が片田舎のおばさんの住まいに影響するなんて言うと笑われそうだけど、実際、回りまわって影響するのだろう。
だからといってどうにもできないわけだが、売るのなら不動産バブルの今、買うのなら暴落してからということなのか。
答えを出せないまま、お迎えが来てしまいそう。




スポンサーサイト

もう2月だ

きょうは節分。
でも、巻きずしなんか買わないことにした。
なんでも、巻きずしの売れ残りが大量に廃棄処分されてることが社会問題になってるらしいね。
でも、巻きずしだけじゃないでしょ。
他のものだって、いっぱい捨ててるのに。

節分には、巻きずしが500円以上になるのはなぜかなあ。

高い高い巻きずしの代わりに、エクレアの恵方巻バージョンを買った。
98円+税だけど、通常のより大きくて朝食にしてしまった。
あやうく、恵方を向かずに普通に食べてしまうところだった。

巻きずしくらい作れないことはないけど、生前の母のように頻繁に作ったりはしない。
巻くのは結構むずかしいのだ。

ところで、登記簿を閲覧して連絡してきた業者の件、もう1ヵ月以上になるけど何も返信していない。
調べてみると、不動産部門は新規に参入しているようだ。
へそまがりなもので、売らないの?と言われると残しておく方がいいような気持ちに傾いてしまう。
本当は死ぬまで賃貸に住みたいんだけど、高齢になると賃貸もむずかしくなるというよね。
今のこの家でずっといるわけにもいかないけど、移るところがなければいてしまいそうだ。
安い中古マンションを買っても、相続人が月々の費用と固定資産税を、処分できる日まで払い続けることになって大変だ。
相続人は、行方をくらましてしまえばいいのだろうか。

大人気の都会のタワマンも、将来は大変なことになるらしいし、実際既にそうなってるところもあるらしい。
やはり、戸建てに軍配があがるのだろうか。
土地だけ残れば、もう最後は隣家に贈与してしまうという、昨年わたしが片づけた持分の土地のような方法もとれなくはないかもしれない。

要するに、どんなに考えても答えというのはないようだ。
そうこうしてるうちに、いつも訪問させてもらっているブログの管理人さんが、思い立ってから半年もたたない間にご実家をたたんで処分し終えたようで、その行動力に頭が下がる思いだ。

慰謝料が☆倍に!さすがは弁護士さんだ

自分で示談交渉をすると、スズメの涙ほどしか慰謝料がもらえないけど、弁護士さんに示談交渉してもらえば違うということを、改めて実感した。

慰謝料の増額はあまり期待できないと最初に言われていただけに、とてもありがたい。
万一にも、また何か症状が出てきたときに治療費に充てることもできるし、それより何より、やはり痛みや不安で過ごした日々を、文字通り慰めてもらうしかないわけだ。
起きてしまった事故はもとに戻せないから、結局はお金で払ってもらうしかないということになる。

でも、交渉相手を見て保険会社が金額を増減するというのは、これはどういうことなんだろうって気もするね。
弁護士さんは何と言って交渉するのか知らないけど、もしも提訴した場合に発生する慰謝料の基準でということらしい。
裁判基準とかいうそうだけど、長年保険に弁護士特約をつけていたことが功を奏したわけである。


ヒビは心配ないってさ

さっそく、きょう工務店のおじさんが見にきてくれた。
天井の石膏ボードの継ぎ目が、家の振動で動いたためのヒビだった。
クロスを貼ってしばらくは柔軟性があるから、振動くらいでは破れたりしないらしいけど、年数がたつとこういうこともあるらしい。

天井を新しく貼り替えてもらう選択もあるらしいけど、待ってるのもいやだし、部屋の中の物を動かして施工するのも面倒なので断った。
クロスの張り替えくらいはしれてるかもしれないけど、煩わしい。
退去のときに、フローリングの傷の補修費用と一部だけでも相殺してもらう材料にならないかなあという魂胆もある。

結論からいうと、自分で調べた内容とほぼ一致していたことになる。

きのうは、こちら側の保険会社からも先方の保険会社からも動きがあったようで、弁護士事務所からも着信があった。
事故もいよいよ示談になりそうだ。
もう大丈夫だとは思うけどね。

いろいろなことをどんどん片づけていかないと、荷物が多すぎる。

次から次へと問題が出てくるのは、なぜか

なぜかしら天井のヒビが気にはなっていたけど、先送りしていた。
帰ってきた愚息に、怖いと言われて確かにそうだと思った。

ここは借家なので、大家に言わなくてはならない。
しかし、管理会社が入ってないため直のやりとりは結構疲れる。
少し前に屋根の補修もしているので、別件で用事があって連絡した際、また何かあるのかととげとげしく言われて不愉快だった。

そんなら賃貸業やめたら?ってことになるのに、心得てないのかな。

面倒だけど、写真を撮って数枚送ることにした。
印刷はしたけど、まだ手紙は書いてない。
こういう気が重い用事は先送りしたくなる。

一応?持ち家もあるけどそこには今は住めないし、借りてる家はこんな感じだし、いったいどうしたもんだろうね。
きのう、ぶーちゃんとランチしたときにこの話をしたら、早く持ち家を売って老後に備えないとねと言われた。
正解なんだけどね。
プロフィール

fortepianissimo

Author:fortepianissimo
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
これまでの訪問者